西浦小学校やまびこ留学制度実施要綱


1.目的
この制度は・西浦小学校に入学または転学を希望する児童に対し,校区内の受け入れ保護者(以下、里親と呼ぶ)の協力を得て、受け入れを実施し・豊かな自然の中で相互に教育効果の向上を図ると共に、教育振興の充実を期すことを目的としている。


2.募集基準
この制度により受け入れる児童は,つぎのとおりとし,西浦小学校やまびこ留学制度実行委員会が面談のうえ決定する
(1)地域の環境を理解し,就学を希望する児童
(2)豊かな思い出と創造により第二のふるさとを求める児童
(3)西浦の豊かな自然の中で,自然体験や生活体験及び世代間交流活動等をしながら勉強を希望する児童

(4)小学校1年生から6年生までの児童


3.期 間
 留学期間は1年とし,継続を認める。


4.契約事項
この制度に適合し,受け入れを決定された実親及び児童は、次の各項を尊守するものとする。
(1)校区内に住民登録をすること。
(2)健康保険証を持参すること。
(3)やまびこ留学制度実行委員会立ち会いの上で里親との契約を締結する。
(4)寝具は持参する。
(5)傷害保険に加入する。


5.経 費
 物価その他を考慮してやまびこ留学制度実行委員会が額を決定する。

(1)里親委託料(食事費等)は,月額60,000円とする その内訳は実親が月額20,000円,補助金が月40,000円とし、それぞれ毎前月25日までに実行委員会を通じて支払う。
(2)町外からの孫戻しについては,毎月10,000円(町補助金)を支給する
(3)給食費月額3,700円は実親負担とし、毎月25日までに実行委員会を通して農協(金融機関)に納入する。PTA会費年3,600円は実親負担とする。
(4)学校教材費、医療費、学用品費、通信費、遠足旅行費等の費用及び小遣い等の児童にかかる経費は里親と協議する。
(5)傷害保険の掛け金は実親が負担する。
(6)運営補助金は、共有会計及び町補助金をもってあてる。


6.里親とその義務
この制度の趣旨を理解し,積極的に支援し希望する家庭の中から,やまびこ留学制度実行委員会が里親として委嘱する。里親は実親と連携をとり,児童を家庭的に養育し,健やかな成長に向けて努力するものとする。


7.事故発生時の処理
(1)病気又は何らかの事故が発生したときは,その実情に応じて里親が適切な処置をとる。
(2)遅滞なく実親に連絡し,指示を受けると共に,やまびこ留学制度実行委員会に報告する。
(3)必要に応じてやまびこ留学制度委員会が立ち会いまたは協議して善処する。


8. 帰 省
 長期間の休みについては,帰省するものとし,実家までの往復は実親もしくは実親の委任を受けた者が引率して行うものとする。但し,児童・実親・里親の話し合いによって滞在することもできる。この場合の経費は別途協議する。


9.解 約
 次の事項に該当する場合は,やまびこ留学制度実行委員会立ち会いの上で協議し,解約することができる。
(1)児童の問題行動等により,指導監督が困難であると判断されたとき。

(2)委託料の不納及び契約違反が生じたとき。
(3)家庭の事情により解約希望が生じたとき。


10.その他
この要項に定めるものの外は,実親・里親・やまびこ留学制度実行委員会が協議して善処する。

 附則 この要綱は平成11年4月1日から適用する。


ホームページに戻る